2018年07月20日

海を駆ける

「海を駆ける」という庄内では上映していないマイナーな映画?を観る為に、先日山を駆けて友達たちと山形市まで行ってきた。




朝食は寒河江チェリーランドのトルコ人のハンバーガー店で取ることに。9時から営業開始のようだったが、我々が到着した8時半にはトルコ人が作ってくれた。ありがたい。
で、上映時間はフォーラム山形で午後からだったのだが、10時頃には到着したので友人のリクエストでアニメイト(私にはついていけない場所だったけどね)と七日町と文翔館を散策。

その後シベールにて昼食を買い、芸工大裏の悠創の丘で食べる。右上に眼下の山形市が見える。
暑くもなく寒くもなく、曇っていたが景色もそこそこキレイだった。



昼食後に映画を観に行ったのだが、感想はというと、下手なハリウッド映画より全然面白かった。
DVD出たら買おうかと思うくらい。

で、山大小白川キャンパスで一人拾って庄内に戻り、腹が減ったので千山閣で焼肉!


20代女子×3と食べる焼肉はやはり美味い。

2人は初千山閣だったが、満足度が高いようだったので何よりである。

しかし、若い姉ちゃん達と遊ぶのも年齢差的に限界な気がする。  


Posted by 三木 at 07:36Comments(0)グルメ徒然

2018年07月08日

大辛ラーメン「いかり食堂」

さて庄内にもいわゆる「激辛ラーメン」を売りにしているラーメン屋がいくつか存在している。

私が知る限りメジャー処では酒田の癒庵、鶴岡の鬼がらし、まるたんである。

しかし、辛いものマニアの友人を複数持つ私に言わせれば、多分庄内一の辛さを誇るラーメン屋は鼠ヶ関の「いかり食堂」である。

というのも、辛いものマニアA女史は上記メジャー処に行っても汗一つかかずに不満気だったのに対し、いかり食堂だけは「そうそう!これよこれっ!これはいい感じで辛いわ~」と汗をかきながら満足していたからである。

で、先日辛いものマニアB女史を伴っていかり食堂に入店、大辛ラーメンを注文した。

ホールで働いているのは多分料理人の母親であろうか、彼女が言うには「このラーメン、女性にリピーターが多いのよ。辛さには自信あるから頑張ってね」とのこと。

女性と男性の脳には違いがあるというが、その仕組みを理解できることは永遠にないだろう。だって絶対食えないもんおれ。

で、これが大辛ラーメン。どーん!


もう目を近づけただけで涙&むせる

私は無難に味噌ラーメン。ボリューム満点である、大盛だったかは忘れたが



で、辛いものマニアのB女史の感想はというと、「もうちょっと辛くても食べられますけど、時間を掛けて食べるものだから丁度いい辛さかも知れません」と「汗一つかかずに」余裕のコメント…。

アンタおかしいよ、アンタを嫁にしたら唐辛子代で食費の大半が無くなるよ…。おしまい  


Posted by 三木 at 09:28Comments(0)ラーメン

2018年06月26日

シーバス釣行6/25

さて昨晩も仕事帰りにシーバス釣行に出掛けた。

磯場に白波(サラシ)が無く、かなり釣れにくそうではあるが潮目を見て釣りできる余裕もないので強硬した。

やはり活性が悪く、50投くらいでようやくヒットするもバラシてしまった。。
引き具合からいっても、それ程のサイズでも無かった気がするのでまぁドンマイである。

その後に期待したのだが泣かず飛ばずの時間が続き、最後の一投と決めて投げたらヒット!!!!

釣果


40cmのスリムなフッコちゃん。

ヒットしたらもう10投という自分ルールを適用するもヒットしなかったので納竿。
フッコが釣れたのは勿論嬉しいのだが、何よりホッとしたのがミノーを一つも無くさなかったことだ。
一つ1800円くらいはしますからね。道具を大事にしつつ釣果を上げることがモットーです。

しかし釣りをしていてほとほと感心するのが魚界の棲み分けである。

キスを釣ろうと思ったら砂地でしか釣れなくて、シーバスのような岩がごつごつした場所では一生釣れないだろう。
逆もまたしかり。
人の性格の違いと重ねれば、何か人の居場所も同じようなものかも知れませんね。

てな雑感はさておき、ウチのオカンがウロコ取りに使ってる道具がコレ。


アワビの殻。

なんでも包丁の背でウロコ取りをすると飛び跳ねるだが、アワビの殻だと殻の内側にウロコがたまるから便利だそうだ。
しばらくは鱸釣りを頑張ります!家族も喜ぶし。  


2018年06月24日

シーバス釣行6/22

さて今年は鱸釣りを再開します。

って字面がいいよね。なんとなくカッコいい。

本当は去年から頑張るつもりだったが、諸事情あって断念。ようやくのんびりと釣りを楽しむ環境になったので再開です。
狙うのは磯スズキである。河口の釣りも楽しいのだが、基本キャッチ&イートの私に河口はちょっとね。
難易度は多少上がるかも知れないが仕方ない。

で、先日の仕事帰り、磯のサラシはそれ程でも無かったが、月明かりがあって釣りがしやすそうだったので投げてみた。

月明かりはあるものの、どこに投げているか全く分からない。根掛かりだけを気をつけてあまりミノーを沈めないようにダダ巻きする。

と、14投目、なんの前触れもなくガボンッと音がし、直後にずっしりとした重みを感じる。

リーダーが短かったので根に潜られないようにごり巻きする。

上がってきたのは紛れもないスズキ君!ボラじゃなくて良かった。

釣果


まるまると太った58cm!

青物と比べて引きはもの足りないものの、味そしてなによりこのいぶし銀のような鮮やかな魚体を加味すれば青物以上に楽しいと言えよう。

使ったミノーはシンキングタイプのダイワで2000円くらいのやつです。

鱸釣りの記事を近々またアップできれば良いのだが。。  


2018年06月21日

シロギス釣行

さて先日は平日休みだったので専業農家の友人とシロギス釣り(ちょい投げ)に行く約束をした。

不定期休の私にはありがたい釣り仲間である。
が、5月の田植えシーズンに効率の良い釣りを行えるように釣果を報告していたら、友人妻から不興を買ったので注意が必要である。

で、約束の前日の夕方、海の様子を見がてら少し投げてみた。
と、中々活性が良い。

ちょっとだけのつもりが小1時間やってしまい、エサのイソメを三分の一程消費してしまった。

釣果


みな中々のサイズで、開いて家族で天ぷらにして食べました。

で、約束の日。
友人のリクエストで鼠ヶ関の先の新潟のサーフにて釣行開始!するも活性悪くなってるし。。。チビッ子がポツポツだけ。
まぁ天気は良くて、景色に癒されたけどね。

その後鼠ヶ関に移動するもやはり活性が悪く、いつも大きいサイズが釣れる場所もダメだった。

で、思い切って雷屋付近まで戻ったところ潮が動き、徐々に活性がでてきてなんとか釣りになった。

釣果



んで、先日の日記にも書いた自然満喫屋でキス釣り用3本針×10セットで100円の仕掛けなのだが
全く問題なく釣れます!



流石にお高い釣り針より掛かりは悪いが、活性が良ければ問題ないです。

活性の高い時は電車結びで連結して6本針にして使ってます。2セット消費しても20円ですからね。自然満喫屋さんに感謝。  


Posted by 三木 at 22:33Comments(0)シロギス